一の宮とは


 一の宮」は、平安時代から鎌倉時代初期にかけて逐次整った一種の社格です。それは、朝廷や国司が特に指定したものでなく、諸国において由緒の深い神社、信仰の篤い神社が勢力を有するに至って、おのずから神社の序列が生じ、その最上位にあるものが「一の宮」とされ、以下二の宮・三の宮・四の宮と順位がつけられたのです。しかし、時代の変遷とともに変化もあったようで、一国内に二社以上の「一の宮」が存在するのはそのためです。なお、「一の宮」の称は一国についてだけでなく、一郡・一郷の、また一社内各神殿での一の宮・二の宮などという称も行なわれました。「全国一の宮会」は、これら古い由緒と地域の信仰の柱となっている「一の宮」の古社が手を携え、ご神徳の発揚を目的として平成三年十月八日に発足したものです。
 江戸時代前期の神道家・橘 三 喜は、延宝三(一六七五)年から元禄十(一六九七)年にかけ、二十三年の歳月を費して全国の「一の宮」をはじめ諸社寺に参拝し、『一宮巡詣記』全十三巻を著しました。これを契機に庶民の間にも「一の宮」参拝の風が広まり、多くの人々が巡拝しました。現在、神社は自然保護や環境問題に対する意識の高まりとともに、日本人の精神のふるさと、文化の源流として改めて脚光を浴びております。この度、「全国一の宮会」の共通頒布品として、『全国一の宮朱印帳』を奉製いたしました。
 「一の宮」に該当する神社の選定につきましては、神社本庁調査部で作製した『全国一の宮表』(昭和三十六年一月二十三日付)、宮地直一『神祇史体系』、『大日本一宮記』(「群書類従」神祇部所収)、岡田正利『一宮巡詣記抜粋』を基とし、歴史的に一の宮を名乗ったとみられる神社を網羅しました。
 なお、一の宮巡拝は全国の旅になりますので、北海道、沖縄などの由緒ある神社を「新一の宮」として併記しました。神社名称につきましては『全国神社名鑑』の記載に準拠いたしました。
一の宮とは

お申込方法 

0